戦略人事

生産性の高い組織をつくるために変化させる4つのポイント

生産性の低い組織によくある思考

最近、労働時間を短くして生産性を高めるという言葉を良く聞くようになりましたね。残業したらダメ、家に持って帰ってもダメ、人員不足の中どうすればいいんだ?と悩む管理職が増えました。企業では様々な取り組みを行っている事だと思いますが、先日ある社長が仰っていた言葉が印象的でした。

生産性を上げるにはどうしたらいいのかと考えたら、今の社員をもっと働かせればいいんだ!給料はそのままで、仕事のスピードを上げさせれば良い、今までが遅かったんだから。

その会社の業務内容が分からないので何とも言えませんが、この言葉を聞いて、正直、しっくり来ない感じがしました。

今までが遅かったんだから…という今までを管理し、認めていたのは社長であるあなたではないのでしょうか?給料がそのまま仕事のスピードを上げろ!と言われた社員さん達は、どんな感情を抱くのでしょう…

精神的安定を感じる場所を用意する

組織というものには、色々な価値観を持った個人が集まります。その集合した場所で「自分自身の安全性」を感じれるか?感じれないか?で、その人が発揮できる能力には雲泥の差があります。

誰もが経験したことがあるとは思いますが、初めてアルバイトに行った時、どこに居れば良いのか?何をすればいいのか?休憩に行って良いのか?誰に質問すればいいのか?分からない事ばかりで、「不安」を感じながら緊張した初日がある事だと思います。

この初日のような緊張感は、次第に薄れ、一緒に仕事をする人達とも談笑が出来るぐらいにまでなった時には、自分の居場所をが見つかった時だと思うんです。

この自分の居場所を少しでも早く見つけれるように組織側の人達に出来ることは無いでしょうか?

ウェルカムウィーク(新人さんが入社した時にみんなで迎える仕組み)
エスコートスタッフ(社内業務を伴走しながら教える担当者)
歓迎会などもその一つでしょう。

いち早く、組織のメンバーとして「能力を発揮」して貰わないと、組織としては「機会の損失」を長引かせている状態に他なりません。

切磋琢磨できる仲間がいる組織づくり

居場所を確保した後は、自分の能力を発揮しさらなるステージへと進化成長して貰う事が組織が求める事です。それに重要なのは、正しいライバルの存在です。 お互いがお互いを尊重し、相手に敬意を持って接する。このような関係を築いている組織は、非常に明るく笑顔が絶えません。

その逆でよくあるのが、「足を引っ張る関係」… 相手を罵り、相手の失敗ばかりを責め立てる。このような組織は陰険で、責任の擦り付け合いばかりで、無責任な言動が目立ち、個人も組織の成長や進化も遅らせてしまいます。

自社のライバル会社とは、常に競争です。マーケットで相手と戦う前に自分達の組織内でまとまれない会社が勝てるはずがありません。

組織を大切にできる人の集まりにする

自分が所属する組織がマーケットから必要とされているかどうか?
どれだけのファンがいるか?
どれだけ応援してくれる人たちがいるのか?

ただ、目的も無く意味も無く、自分が生活するためにだけ働いているとするならば、その程度のエネルギーしか出せていないでしょう。

本当はもっと能力がある人なのに。

自分が所属する組織に対して「愛情」が持てない人から商品やサービスを提供されても、顧客は喜びませんよね。
もう、顧客は購入したり所有することで満足しない時代です。どんな商品でもサービスでも「共感」出来なければ、継続的購買には至らないのですから。

自分が所属している組織や会社、自分が販売している商品やサービス、自信を持って顧客に進めれない仕事で、その人が進化・成長するでしょうか?

組織側としては、一緒に働く仲間には「自社ブランド」の構築に対して、もっともっと理解して貰えるような仕組みや仕掛けが必要だと思うんですよね。

結果的に、自分が所属する組織が大好きで、提供する商品やサービスにも自信があって、一緒に働く仲間にも「愛」がある。言葉にするとこそばい感じもしますが、これってめちゃくちゃ大切な事だと思います。

ひとりひとりが人生を豊かにするという思いがある

生産性を高めるという事は、そこに所属する人たちが様々な課題や問題を克服する取り組みの中にあると思うんです。

冒頭の社長の言葉のように「やらせる」ものではなく、自分たち自身で必要に応じて取り組む事であって、その取り組みそのものは「顧客満足」を求めるものでもあるし、「従業員満足」を高めるものでもある。
1日24時間の殆んどを仕事に費やすんだから、その仕事を行う組織は楽しい場所でなければダメ。ムリ・ムダ・ムラは、誰かにシワ寄せが行くだけで、その人が居なくなるとたちまち廻らなくなる。これでは組織とは言えない。

組織に属する人、一人一人が心身ともに安心して人生を豊かさを感じれる場所。

こんな場所こそが、「真の生産性」を高める場所なんだと私は思うんです。

どうする?イラっとさせる人とうまくやる4つの対策

どうする?職場でイラッとさせる人

どの職場でもかも知れませんが、「少し空気感が違う人」や「他の人と同じような動きをしない人」っていますよね。そのような人が居ると、職場で働く多くの人たちは「なんで、そうなるの?」「なんで、そうしちゃうの?」と、スムーズに仕事がしたいのに、その流れを中断されたり、二度手間・三度手間の状況が起こったり、生産性を高めるどころか、その人が居る事で「生産性が落ちてしまう」なんて事が起きている職場からのSOSがあるのも事実です。

では、職場でスムーズな流れを断ち切ってしまう人と一緒に上手くやって行くにはどうすればいいのでしょうか?

なぜ、採用したの?

そもそもですが… なぜ、その人を採用したのか?

返ってくる答えは様々ですが、一番多いのは「ちょっと違うかな…と思ったけど、人が足らなかったから採用した」というものが一番多い返答です。その他には、「経験者だったから」「紹介されて断れなかった」「昔はこんな感じではなかった」(営業サービス)

どの仕事をやってもらう前提で採用したのか?

大体、この仕事全般…
この業界ではこの立場の人はこれぐらいの仕事をするという「暗黙の…」というのがあって…
経験があるなら「教えなくても」大体、分かるはず。(サービス業)

仕事の範囲は明確になっているか?

仕事の範囲というものは無いです。なんでもやる。出来ないとダメ。
自分で考えて、「今、なにをすべきか」考える。普通、見ててわかる。

我々の業界は、製造業のように「機械を動かして行う作業ではないので…」
周りの状況を良く見て対応するもの。

と思っていませんか?

連携するための方法は教えているか?

仕事とは、多くの人たちの連携で成り立っているが、自分が行う仕事の前の人から引き継いだものを「確認」する作業も必要であり、その上で自分の責任において「やるべき事」を行い、次の人へ引き継ぐ。その時には、必ずコミュニケーションが発生する訳で、問題はそのコミュニケーションが成立しているのかどうか…。

コミュニケーションとは、何も面と向かって話をする以外にも「方法」はたくさんあって、引き継ぎノートもそうだし、
なにか理解しあえるマークなんかもそれに当たる。職場で決まった掛け声なんかもそう(決まった時間に休憩が取れない美容室でよく使われるトイレ休憩や昼食休憩)もちろん、出勤時や退勤時の「あいさつ」なんかも礼儀でもあるけど、コミュニケーション。

では、問題の「イラッとさせる」人との仕事の中で、このコミュニケーションは上手く機能しているのか?という問題が浮かび上がってくる。 そもそも、少し人と違う視点だったり、仕事とに対する「意識レベル」に違いがあったり、仕事の能力にも違いがある。

相手がそのような状況という事が分かっているなら尚の事、より一層のコミュニケーション量が必要になってくる。

知らないから出来ないのか?
憶える能力が足りないのか?
仕事に対する意識が低いのか?

コントロールできているか?

職場で起きる問題の相談を受けていて良くあるのが、「あの人さえ居なければもっとスムーズに仕事が出来る」というもの。

対象が「人」なんですよね。
「仕事」ではなく…

他人に対しては自分でコントロール出来ないですよね。でも、仕事の仕組みを作り上げる事は自分でコントロール出来ます。コントロール出来る事に注力する方が「良い結果」は生まれやすいと思うんです。

本当は、みんな「楽しく仕事」がしたいはずだから。

その為に必要になってくるのは、職場で楽しく仕事ができるルールやマニュアル、そして企業文化。これを形作っていくと働く人同士の「共感」が芽生え、その共感の渦には「お客様」も巻き込まれて行く。

これがマーケットに広がって行くと「ブランド」と認知されるので、どんどん人が集まってくる。

素晴らしい企業がまた一つ増えるという正しいループになるでしょう。

誰もが優れた人材になるための能力を引き出す方法

非常に優れた人材がたくさん居れば、会社は儲かるか?

非常に優れた社員がたくさん居れば、会社は儲かるか?

ここで大切なことは「優れた社員」という定義です。
どんな社員の事を優れた社員と言うのでしょうか?

ある会社の社長は、「俺の言う事をやってればいい」と言います。
だから、真面目な奴が良いと!
そして、真面目そうな人を採用します。
見るからに真面目そうです。ある程度の仕事もこなせます。
しかし、顧客からのイレギュラーな要望に対しては「臨機応変」に対応する事は出来ませんでした。

その彼を、社長は「あいつは臨機応変に対応する事が出来ないダメな奴」と評価します。そして、「自分で考えて行動出来ない奴だ…」と言い放つ。

そのように言われた彼が「頑張ろう」という気持ちになるでしょうか?もちろん、叱咤激励しているのかも知れませんが、「出来ない奴」と言われた人はモチベーションが下がる一方です。見た目も、中身も、真面目な人です。言われた事はソツなくこなします。でも、自分自身で考えて、最適な結果に結び付けるための判断と行動は苦手な人なのです。

人には、長所もあり、短所もありますし、得手不得手もありますから。

能力を引き出す

会社の中での仕事は、様々な役割りがあって、その役割に合う人材を適材適所配置する事が必要です。スポーツでもポジションがあるように、会社にも各自のポジションが必要です。その為には、この人材の能力と可能性の両面からと周りの人材との連携を考えながら、配置を決めていく必要があります。
また、会社ですと色んな理由で人材が流出するものですから、その流出に対してのリカバリーを考えた人材配置と経験を積ませておく必要があります。

なぜ、この経験を積ませる必要があるのか?

そもそも、人は変化を嫌う生き物です。脳にある「安定性」と言う部分。煙草を止めれない人もそうです。身体に悪いと解っていても止められない。でも、値段が上がったから… 身体に悪いから… 止めようか?と禁煙したりするのが、「可塑性」という部分。

人は変わりたい!という欲求も兼ね備えているんです。

今よりも仕事が出来る人材になりたい…
でも、新しい仕事を憶えるのはちょっと…

大きく変化する事を嫌うのですが、少しずつの変化なら変化したいという性質を持ち合わせているのが、我々人間なんです。その為には、毎日毎日 コツコツと少しずつの変化を頭と身体に染み込ませる必要があるので、会社の中でも「経験」を積ませる必要があるのです。

もちろん、この「経験を積む」には「失敗」が付き物です。
その失敗をガミガミ言う人がいますが、これでは果敢にチャレンジしようと思いませんし、やはり変化しないでおこうと判断して、仕事が上達しないばかりか会社を辞めてしまう事があります。

これだけの人材不足の時代、入社してくれた人材を如何につなぎとめておけるか、どのように人に能力を発揮して貰うのか、企業は今までの固定概念を捨てて、人材育成に取り組む必要があるのではないでしょうか。