人間関係の原点を教わりました

気はこころ

先日、ご紹介頂いた上場企業の会長さまが、その席で仰っていた言葉。


自分はこの言葉大切にして生きて来た… つもりなんだけど。この自分(60歳手前)よりも14歳も年下の彼の行い全てに勉強させられるのです。1つひとつの行いに彼の真心を感じるんですよね。さりげなく行う彼の心意気というか、配慮に対して私は、嬉しくてうれしくて… 大好きなんだ。

読みきはこころ

意味気は心とは、量や額がわずかであったとしても、本人の真心の一端をあらわすものであるということ。また、気の持ちようで心が落ち着くということ。

故事ことわざ辞典

人間関係の原点

「気はこころ」という表現は、江戸時代から使われていたようで、どこの店でも辞めさせられた人が大泣きしたい気分・・・ この気持ちと同じぐらい大雨になってくれれば少しは気がはれると思ったら、3粒程度だけ雨粒が落ちて来た。大雨では無いけれど3粒の雨粒でも自分の気持ちを分かってくれた。という感じの俳句で使われていたそうです。

時代が移り変わり、殺伐とした世の中と表現されることが多くなりましたけれども、どんなにテクノロジーが進歩しても、それはツールであり、人間そのものではないという事。コンピューターやAIには、人間の心という部分は作り出せないから。

コミュニケーションはテクニックじゃない

人間関係の悩みが多いのは、職場・学校・家庭と様々ですが、本来は「楽しい場所」のはずです。その楽しい場所であるはずなのに、なぜ人間関係が複雑になってしまうのか?
もしかしたら、自分と違うを認めない社会になっているような気がします。

人はそれぞれ個性があって生まれも育ちも違う環境ですから、価値観や考え方が違って当然のはず、なのに組織になると「右へならえ」的に管理し、個性を認めない形を作ろうとします。管理することは悪いことではありませんが、管理が監視になっている組織に上手くコミュニケーションが取れていないようにも見受けられるのです。
そして、コミュニケーションが上手くとれない、自分の言いたいことが伝わらない、部下が言う事を聞かなくて困っている。という人に限って、相手を言いくるめるテクニックを教えて欲しいと言ってくる。確かに、相手に伝えるためのテクニックは存在しますが、そのテクニックを習得する前に、相手を思いやる心を持つことが先なんじゃないかと思うんです。

相手の喜びが自分の喜び

自分が管理者の立場になるのは、突然やってきます。今まで、プレイヤーで頑張って来た人が、ある日突然、自分以外の人の成果までが、自分の評価に加味されます。自分も頑張らないといけないし、部下も成果があげれるように指導しなければいけなくなる。役割が増えて責任の幅も大きくなります。ここで、挫折する人がたくさんいます。自分一人で動くなら成果が出せるのだけれども、他の人を巻き込んでとなると急に能力が落ちてしまう。自分が活躍するフィールドの変化に対応できないのと、他の人を活躍させるという認識に少し隔たりがあるからです。

コミュニケーションを空間的に認識している人は特に強いのですが、自分のテリトリーはここまで、他に人のテリトリーに入ってはいけない。そして、仕事の領域でも同じことが言えます。これは、彼がやっている仕事だから、介入しない方が良い。自分からはあまり口出ししない方が良い。などなど・・・
人との関係性を育むどころか、関係性に隙間や溝を作ろうとする。これでは、相手が何を求めているのか?何に困っているのか?何にチャレンジしているのか?が分かりにくくなり、お互いが疑心暗鬼になってしまったりする。

人は常に「誰かの役に立ちたい」と思って生きています。

相手が喜んでくれる事は、自分が一人で満足して喜ぶ事とは比べ物にならないぐらい嬉しい事をDNAレベルで知っているからです。

相手が喜んでくれることは一体何か?
それが自然にさりげなく出来る心・・・

「気はこころ」という言葉に繋がるなぁと感じた一時でした。

生産性の高い組織をつくるために変化させる4つのポイント

生産性の低い組織によくある思考

最近、労働時間を短くして生産性を高めるという言葉を良く聞くようになりましたね。残業したらダメ、家に持って帰ってもダメ、人員不足の中どうすればいいんだ?と悩む管理職が増えました。企業では様々な取り組みを行っている事だと思いますが、先日ある社長が仰っていた言葉が印象的でした。

生産性を上げるにはどうしたらいいのかと考えたら、今の社員をもっと働かせればいいんだ!給料はそのままで、仕事のスピードを上げさせれば良い、今までが遅かったんだから。

その会社の業務内容が分からないので何とも言えませんが、この言葉を聞いて、正直、しっくり来ない感じがしました。

今までが遅かったんだから…という今までを管理し、認めていたのは社長であるあなたではないのでしょうか?給料がそのまま仕事のスピードを上げろ!と言われた社員さん達は、どんな感情を抱くのでしょう…

精神的安定を感じる場所を用意する

組織というものには、色々な価値観を持った個人が集まります。その集合した場所で「自分自身の安全性」を感じれるか?感じれないか?で、その人が発揮できる能力には雲泥の差があります。

誰もが経験したことがあるとは思いますが、初めてアルバイトに行った時、どこに居れば良いのか?何をすればいいのか?休憩に行って良いのか?誰に質問すればいいのか?分からない事ばかりで、「不安」を感じながら緊張した初日がある事だと思います。

この初日のような緊張感は、次第に薄れ、一緒に仕事をする人達とも談笑が出来るぐらいにまでなった時には、自分の居場所をが見つかった時だと思うんです。

この自分の居場所を少しでも早く見つけれるように組織側の人達に出来ることは無いでしょうか?

ウェルカムウィーク(新人さんが入社した時にみんなで迎える仕組み)
エスコートスタッフ(社内業務を伴走しながら教える担当者)
歓迎会などもその一つでしょう。

いち早く、組織のメンバーとして「能力を発揮」して貰わないと、組織としては「機会の損失」を長引かせている状態に他なりません。

切磋琢磨できる仲間がいる組織づくり

居場所を確保した後は、自分の能力を発揮しさらなるステージへと進化成長して貰う事が組織が求める事です。それに重要なのは、正しいライバルの存在です。 お互いがお互いを尊重し、相手に敬意を持って接する。このような関係を築いている組織は、非常に明るく笑顔が絶えません。

その逆でよくあるのが、「足を引っ張る関係」… 相手を罵り、相手の失敗ばかりを責め立てる。このような組織は陰険で、責任の擦り付け合いばかりで、無責任な言動が目立ち、個人も組織の成長や進化も遅らせてしまいます。

自社のライバル会社とは、常に競争です。マーケットで相手と戦う前に自分達の組織内でまとまれない会社が勝てるはずがありません。

組織を大切にできる人の集まりにする

自分が所属する組織がマーケットから必要とされているかどうか?
どれだけのファンがいるか?
どれだけ応援してくれる人たちがいるのか?

ただ、目的も無く意味も無く、自分が生活するためにだけ働いているとするならば、その程度のエネルギーしか出せていないでしょう。

本当はもっと能力がある人なのに。

自分が所属する組織に対して「愛情」が持てない人から商品やサービスを提供されても、顧客は喜びませんよね。
もう、顧客は購入したり所有することで満足しない時代です。どんな商品でもサービスでも「共感」出来なければ、継続的購買には至らないのですから。

自分が所属している組織や会社、自分が販売している商品やサービス、自信を持って顧客に進めれない仕事で、その人が進化・成長するでしょうか?

組織側としては、一緒に働く仲間には「自社ブランド」の構築に対して、もっともっと理解して貰えるような仕組みや仕掛けが必要だと思うんですよね。

結果的に、自分が所属する組織が大好きで、提供する商品やサービスにも自信があって、一緒に働く仲間にも「愛」がある。言葉にするとこそばい感じもしますが、これってめちゃくちゃ大切な事だと思います。

ひとりひとりが人生を豊かにするという思いがある

生産性を高めるという事は、そこに所属する人たちが様々な課題や問題を克服する取り組みの中にあると思うんです。

冒頭の社長の言葉のように「やらせる」ものではなく、自分たち自身で必要に応じて取り組む事であって、その取り組みそのものは「顧客満足」を求めるものでもあるし、「従業員満足」を高めるものでもある。
1日24時間の殆んどを仕事に費やすんだから、その仕事を行う組織は楽しい場所でなければダメ。ムリ・ムダ・ムラは、誰かにシワ寄せが行くだけで、その人が居なくなるとたちまち廻らなくなる。これでは組織とは言えない。

組織に属する人、一人一人が心身ともに安心して人生を豊かさを感じれる場所。

こんな場所こそが、「真の生産性」を高める場所なんだと私は思うんです。

Z世代を活かすための職場での世代間ギャップを埋める方法

組織コンサルという仕事柄、企業の社員さん達と話する機会は必然的に多くなるのですが、その社員さん達の年齢層の幅は20代~60台 実に40歳の年の差がある。親子の年齢差だけでなく、孫世代と一緒に仕事を進めることになる。10年も間があけば当然知っている事も使っているモノも違って当たり前…
今や当たり前に使われるツイッタ―がちょうど15年ほど前に普及し出したが、当時小学生・中学生の子達が、今や社会に出て仕事をしている。彼等彼女達が「空気のように」使いこなしているソーシャルネットワークは、情報の伝達形態を変え、今この瞬間という「リアル」を受発信出来る。社会に出まわる情報量が桁違いに増えた。
情報量が増えるという事は、良い事も悪い事も「知る」ことができ、自らが「確認」することが出来る。

今の若い奴らはという前に…

変化を受け入れる

人は変化を受け入れにくい…という事は、脳科学の分野では、もうすでに定説になっている。

変わりたくないのだ…

いつもの通りを歩いて、いつもの場所について、いつもの仕事をして、いつもの居酒屋で…いつも愚痴をこぼす。(笑)自分の一日を改めて思い起こすと、まぁなんとルーティンの如く、同じ事を繰り返しているのかと思う。
しかし、時代は常に変化しており、それに合わせて社会も変化し続けている。そんな中、企業という組織も「変化」を受け入れない事には、顧客への対応が出来ない。

インターネットが出始めたころ… 誰もが言っていたことがある。

「ネットでモノは買わないよ」

だが、実際にはどうでしょうか? 楽天・ヤフー・Amazon・ZOZOなどなど、今やネットでしかモノを買わない人が増えて来ているという事実。
昔、企業はこぞって、ホームページを作成した時代がありましたね。(会社案内をネット上に載せただけのものばかりでしたが…)今の時代とこれからの時代に必要なチェンジは何かを考えましょう。

変わるものと変えないもの

では、どこの会社もホームページを作成したか?というとそうでもない。大阪のある老舗の和菓子屋さんなんか、店構えもそのまま、製法もそのまま、販売方法もそのまま、営業時間もそのまま。でも毎日営業前から行列が出来ている。

そして、毎日「売り切れ」の看板が…

お店は何も変わっていないのに、顧客の持っているモノが変わった。みんなスマホを片手に持ち… 行列に並んでいる写真をインスタにアップし、

(行列が綺麗に並べるように囲む)

やっと買えた「幻のあんこ餅」をドアップで撮影し、一口食べた感想をSNSでライブ発信。

幻のあんこ餅の実況中継…お店の営業スタイルは昔ながらのスタイルのまま「何も変えない」のに、並ぶ顧客のスタイルはどんどん変わる。

受け取り方が変われば伝え方も変えないといけない

こんな変化が、北は北海道・南は沖縄まで端の端でも起きているし、世界中で起きている。実際、グーグルアースで地球を拡大しながら見て行けば、エジプトのピラミッドの前にKFC(ケンタッキーフライドチキンのお店があることも分かる)

実際に行って見なければ、観る事が出来なかったものまで「確認」することが出来てしまう。

そして、良いか悪いかではなく、その情報を「信じてしまう」のも現実社会でのありようだと思う。特に、情報そのものが簡単に手に入ることを「簡単」とも思っていない世代の人にとっては…

間違った情報であっても、それをネットで見ただけで「確認」として終わっている。より深く「確認」する事も無く… ネット社会・ソーシャル社会の怖い部分でもある。

そのような側面もあることを理解しつつ、我々、企業という組織は、組織の仲間たちとの情報共有の方法も考えないといけない。

便利だからという理由だけで、簡単にグループを作ってしまって情報漏洩に繋がってしまっては顧客からの信頼を失いかねない。

情報そのものの「価値」に対しての捉え方が、世代間で違うという事は、次なる可能性を秘めている半面、大きな「リスク」であるという事も理解しておかなければ組織の目的そのものを破壊しかねない。

その為にも…

Z世代の人たちのことや世代間ギャップも理解し、常に新しい世代の「価値観」というものには意識を向けておきたい。

Z 世代会議

https://www.z-kaigi.com/